ささづか加藤眼科 笹塚駅(京王線・京王新線)|新宿

ささづか加藤眼科 笹塚 ロゴ

笹塚 眼科 緑内障、白内障、メガネ・コンタクトレンズ処方
花粉症・アレルギー性結膜炎、ドライアイ

スマートフォンの方はこちらから

03-3485-0115

東京都渋谷区笹塚1-48-14 ショッピングモール21 2階

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


花粉症・アレルギー性結膜炎 京王線笹塚駅すぐ

 メガネは眼科で メガネは眼科で コンタクトレンズ処方のながれ コンタクトレンズ処方のながれ花粉・アレルギー性結膜炎花粉・アレルギー性結膜炎
ドライアイドライアイ緑内障緑内障手術(ものもらい・逆さまつ毛・白目のたるみ)手術(ものもらい・逆さまつ毛・白目のたるみ)

花粉症・アレルギー性結膜炎

当院では、花粉症の初期療法をお勧めしています。
花粉予報で、東京で本格的な花粉の飛散時期から逆算して2週間くらい前から、花粉症の点眼薬、点鼻薬、内服薬を飲み始めでおけば、花粉症の症状が軽減し、薬の量も最小限で抑えることができます。ステロイド剤を使わなくても、症状が抑えられ、ステロイドによる副作用の心配もありません。


ドライアイと花粉症の合併症に注意

ドライアイと花粉症の合併症に注意ドライアイと花粉症が合併している場合は、まずドライアイの治療をしないと、花粉症の症状がなかなか軽減しないことがあります。
ドライアイでは、乾燥によって目の表面に静電気が発生し、アレルギーのもととなる抗原をくっつきやすくすることで症状が悪化します。花粉症の方は、ドライアイにも注意をしましょう。

また、スギ花粉が原因だと思っていても、実はハウスダストやダニが原因のアレルギー性結膜炎であるケースも少なくありません。
当院では、血液検査を行って、アレルギーの原因をお調べします。

目薬の誤った使用で、「ステロイド性緑内障」がおこることも

花粉症の治療に、ステロイド薬を投薬されることも多いと思いますが、ステロイド薬は、点眼薬でも点鼻薬でも内服薬でも、眼圧を上げる作用があります。それによって、眼圧を上昇させ、副作用として緑内障が起きることがあります。耳鼻科や内科で、花粉症の治療のためにステロイドを処方されていたら、必ず眼科で眼圧のチェックをする必要があります。眼圧は、眼科でしか検査できません。









花粉症・アレルギー性結膜炎 京王線笹塚駅すぐ
新宿駅 渋谷駅 中野駅 阿佐ヶ谷駅からバス路線有り

ささづか加藤眼科
笹塚 眼科
緑内障、メガネ・コンタクトレンズ処方、花粉症・アレルギー性結膜炎、ドライアイ
新宿・渋谷・中野・阿佐ヶ谷からバス路線有り

TEL 03-3485-0115

東京都渋谷区笹塚1-48-14
ショッピングモール21 2階
京王線笹塚駅から徒歩2分



笹塚のささづか加藤眼科qr
:携帯電話・スマホの方はこちらから。