当院について

治療方針

一番つらいところを治せる医者でありたい

当院では、「どこがどのようにつらいのか」について、患者様からしっかりお話をお伺いするように心がけております。診察の際には、痛い、かゆいといった患者様の症状の原因を、モニターで目の状態を患者様と共有しながら、探していく事を大切にしております。

患者様の満足度にこだわる

当院では、「患者様の満足度をいかに上げるか」という点にこだわっております。特に緑内障などは一生かかわっていく慢性疾患なのでビデオを見て頂くなどして、治療の必要性を詳しくご説明し、治療のドロップアウトを防ぎます。急性疾患の場合も、防腐剤を使用しない目薬を使用するなど、個々の患者様にご満足いただけるような治療を目指しております。

当院の特徴

1.緑内障とドライアイについては早期に発見

自覚症状はほとんどありませんが緑内障はゆっくりと、しかし確実に進行する病気なので早期発見し、治療していくことが必要です。

日本人は涙の質が悪いドライアイが多いことが解かってきており、ただ、水分を足しても良くなりません。涙を染色する事でドライアイのタイプを分類し適切な目薬を処方します。

2. メガネやコンタクトレンズの処方をおこないます

当院では、かなり時間をかけ丁寧に、メガネやコンタクトレンズの処方をおこなっております。コンタクトレンズについては、黒目にキズがないか、装用できる状態かどうかをしっかり検査した上で処方します。

メガネについても、加齢黄斑変性症の方にはブルーライトカットのレンズを使用するなど、患者様の状態に合わせたレンズを処方するように心がけております。

3.大学病院や基幹病院、他科のクリニックと緊密に連携

当院は、大学病院や基幹病院だけでなく、他科のクリニックの先生方とも緊密に連携を取りながら、診療にあたっております。そのため、患者様の症状に合わせて、最適な専門医の先生をご紹介することが可能です。

大学病院などで手術をご希望される際は、術後のフォローは当院でおこないます。

院長紹介

「眼」の神秘性に魅かれて眼科医に

父が産婦人科医だったので、医師の仕事は子どもの頃から身近なものでした。そのため、父と同じ医師の道を志しました。「目」というのは、非常に小さなパーツでありながら、数値では計れない宇宙的な神秘を感じます。その「目」の持つ神秘的な面に魅かれ、眼科医を目指しました。

地域医療ならではのやりがい

笹塚に開業して15年になります。その間患者様と本当にたくさんお話をすることで、患者様本人だけでなく、ご家族の生活環境を把握できるようになりました。病気の治療をするだけでなく、病気の予防や健康の維持をするという、地域医療の本来のあり方に近づけているようでやりがいを感じます。
地域で診療活動をしていると、日々、たくさんの患者様に触れ合うことができ、これからも患者様とともに歩んでいきたいと思っております。

所属

日本眼科学会
日本コンタクトレンズ学会

保有資格

医学博士
眼科専門医

医院紹介

医院名 ささづか加藤眼科
診療科目 眼科
所在地 〒151-0073
東京都渋谷区笹塚1-48-14
ショッピングモール21 2階
最寄り駅 京王線「笹塚」駅より徒歩2分
駐車場 有(ショッピングモール21の有料駐車場を利用)※車で来られた方は受付にてチケットをお渡ししています。

アクセス・診療時間

診療時間
10:00~13:30
14:30~18:30

休診日 水曜日・日曜・祝日
土曜日は昼休みなしで16:30まで
※受付は終了時間の15分前(初診の方30分前)まで